自転車のパンク修理

自転車のパンクは自分で修理出来るのですが、今は面倒なので今は自転車屋さんにもって行くようにしています。
タイヤを綺麗に削って、オケにお水を溜めて空気の漏れがないかを確認しないといけないので、とても手間をかけないと修理出来ないのです。

手慣れていないと、1時間以上の時間がかかりますので、それならば自転車屋さんに頼む方が合理的で、安上がりのように感じます。
自転車修理は500円でしてくれるので、パンクした状態で乗らないようにして、タイヤが傷つかないようにしましょう。
タイヤの交換になると、4000円5000円は軽くかかってしまいますので、注意してください。

ただし、虫ゴムという部分の摩耗が原因の場合は、その部分の交換で済むことがあるので、まずはその部分だけ交換するようにしています。
虫ゴムの交換は、素人でも女性でも簡単に出来ると思いますので、まずはその部分があることを知ることが大切だと思います。
パンクの修理には、少しの技術も要りますし、ノリをつけたり水を触ったりするので、女性は手荒れが気になってしまいますね。

虫ゴムも自転車修理用具も、今は100円ショップで買うことが出来ます。
100円で買うことが出来るので、それぐらいの商品は買っておいても良いかなと思っています。
修理道具の中に、虫ゴムも一緒についているので、3センチ程に切って空気穴の部分のジョイントとして使うのです。
虫ゴムは、空気が抜けないようにしてくれるゴムで、虫のように見えるので虫ゴムと呼ばれています。

修理の方法はまず、自転車の空気穴の部分に留め具がついていますが、その部分を外して穴部分を引っこ抜きます。
すると、先端部分に摩耗した虫ゴムが出てくるので、その部分の横穴を塞ぐように虫ゴムをセットします。
先が少し余るくらいにセットすると、虫ゴムが長持ちするので試してみて欲しいですね。
本当に簡単で、教えてあげた女性も出来ていましたので、女性の方も頑張って挑戦して欲しいですね。
簡単過ぎてお金を払うのが嫌になるかもしれないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>